Press "Enter" to skip to content

高校生らしい服装の範囲があります。

教育の女性化が始まった。

「各人は自らのうちに、その生命力を持っている。否、生命力を内に蔵すればこそ、自己の存在があるのである。個々の生命は、いわば生命の大海原の上に動く一つひとつの波にも等しい。しかも人間は、その大海を忘れ、自ら萎縮して自己の無力をかこっている。人間に生命力を与えるとは、まさにその根底の大生命力を自覚せしめることでなければならぬ」
太平洋の水をバケツに入れる。バケツに入れた太平洋の水しか見たことのない子どもは少なくともそれが海と思ってしまう。自らを萎縮させる要素が多すぎる現在の世の中には縛られることが目につきすぎる。
「今、学校が子どもの管理を貫徹することによって子どもを学校に奪われた親が、家庭において子どもの管理を貫徹したがる。こうして子どもは、学校では教師から、家庭では親からと、二重の管理に抑圧されがちとなる」
とは、数学者、森毅氏の言。私の場合、授業に自分の全生命をぶつける以外なかった。
非力を痛感しながらも、子どもとともに生きる喜びの拡大·深化をめざし、格闘した。子供時代を振り返った時にけれどお父さん伸ばす賢い

勉強ができたりする

子どもとの生活を通し、はっきり言えることは、大人が変われば、必ず子どもは変わる
ということだ一例を挙げると、社会科の授業で担任の教師自身の社会認識が深まれば、それが教わる
子どもたちにも伝わって、子どもたちの社会認識は確実に変わっていく。また教師の生活認識が変化して、社会に対して強い問題意識を持つようになると、それは子どもにも強い影響を及ぼして、子どもながらも社会問題に敏感な子が育っていくある教師が、ワンパクな子に質問された。

先生、このまゆの糸、どのくらい長いの?
その教師はまゆをゆでた後、糸をほぐし計りはじめたという。糸は村を越え、隣村の神社まで伸びた。そのときの子どもの喜びと驚嘆。キラキラと光る目。教育というものを考えさせられる話である。


育ててはいないかたいと思います。
育ててはいないかたいと思います。

小学校三年の頃

成長するからでしょう教師になる条件として教師自身に挫折の経験があるかないかは重要なことだと思うさらに、教師であるまえに人間である、ということを自覚することが何より大事であると思えてならない。これはどんな仕事であれ、みなそうだと思う現在ほど、大人も子どももバラバラな時代はない。かつては子どもに対して、地域のみんなで見守り、責任を持ってきた。自分の子でなくとも町内の子には町のオジさんオバさんたちの目がゆき届いていた。子どもの意思と自立心を尊重すればだが、現在はどうか。
くなってしまっている。
人の子は関係ないと思っている。親のみが責任を持たねばならな大げさに言えば、有史以来の重大な出来事なのだ父親が、子どもにこう生きろと言えるだけの自信を持てない。この不安が子どもに乗り移らぬわけがない。人間心理から言って、不安になればなるほど
世間のきまり大勢がやっていることにすがりつこうとしてしまう。決して本意ではないのだが、管理するしかなくなってしまう。もちろん、親自身は子どもを教育しているつもりであって管理などしているつもりは全くない。
この発想基盤からは、
子ども一人ひとりの、生きることへの掘りさげなどといった方向性は示唆されにくい。

母さんの日ごろの態度

日常的に
歯ごたえ·手ごたえを感じ取っていないと気がすまないくせに、現実には子どもの心を決してとらえてはいない。
子どもに、本当の解放感を味わわせてやりたいと願う。心の底から驚嘆し、感動し、涙し、はしゃぎまくり、全身で飛び上がらせてやりたい。子どもに、おののきや、たががはずれるくらいの笑いがなくなったら、人間性の深まりはない。父親はわが子に、精一杯の自己解放の機会を、生活のそこここで子ども自らがつくり出せるように、心を砕いてやたいものであるより大きな意義を見つけるための判断基準を持てる子に育てろ仏教の中に、諸々の悪人は、また善知識なりという言葉がある。


子育てにおけるスキンシップが減少している
子育てにおけるスキンシップが減少している

母の存在とバランスを取るという意味

善知識とは、自分を磨いてくれる最大の教訓であり、恩人にあたる。したがってこの文意は、自分にとって敵のような役割をする人もまた教訓であり、どれだけそこから学び取り、自らを高めることができるかということを示唆している。
実に厳しい思想であるが、言わんとしていることには強く魅かれる。
安直に敵、味方と分けてしまいたい傾向と衝動を、苦労は少ないだろう。だが、マイナス要因からこそ、他の発展につなげることができるか、という見方は、問状かもしれない。
人間は持つ。そのほうが簡単でありむしろ反面教師性を摘出し、どう自現代人につきつけられている公開質現代は、あまりに多くの矛盾と難問を抱えている。子どもをぶん殴って言うことを聞かせてい


子供時代を振り返った時にけれどお父さん 子どもは学ぶことや遊ぶことを通して 子供を計るモノサシは一つ持ちましょう