Press "Enter" to skip to content

育てていく媒体になるのではないだろうか。

学校に任せてしまっているのです。

あるいは、そういったテーマに関する映画などの作品を見せてやるという方法もあるある知人は専門学校の講師で、毎週1回の講義を受け持っている。授業では本を読ませたり、写真や映画を見せたりして、学生に感想文を書かせるのだそうだ。そして毎年、黒澤明監督の名作生きるを見せている。それはご存じのとおり、区役所に勤める風采の上がらないしょぼくれたある課長の話である。末期ガンで余命いくばくもないことを医者に宣告され、それからの苦悩の物語だ。話は暗いのだが、人間の生きる意欲とその素晴らしさを感じさせるエンディングとなっている学生たちがこれを見るのはだいたい初めてで、映画ビデオが終わると一様に何かボーッとした表情を見せ、深いまなざしになるという。そして感想文を宿題にするのだがこれはどのように書いてきても、点数はつけない。たった一行だけおもしろかったと書いてきても、それでよしとする。決して感想文を強制することはしないのだそうだあくまでも生と死という問題に関して、何かを感じさせることが目的なのであってそれを文章に書くことは、さして重要ではない。母さんがすく教えてくれます。高校生以降にとく

母子の愛情

また感じ方も人それぞれ違うものだただ、感想文を書くという行為によって、大きなテーマを自分なりに考えてみるという練習にはなる。そうすると、なかには「自分が今までモヤモヤと感じていたものが何だったか、今日やっとわかった」などという感想を書いてくる学生もいるという。
さつまびわ女優の樹木希林さんのお父さんは薩摩琵琶奏者で、たとえて言えばだるまさんのような人だったそうだ。お母さんが朝、ほうきの柄でパンパン畳をはたき、ほこりを立てながら掃除している部屋の真ん中で、ちっとも気にせず、悠々と琵琶を弾いている。そして、「私はね、クラゲみたいなのがいいねえ。ぷかぷか浮かんでいて、自分からは、エサをとりにいかない。近くにきたら、ぱくっと食う」
なんて言っていた。
人間をよく見ていて、おもしろがった。
あるとき、知り合いのおばあさんが危篤になり、親族が黒い服を着て集まった。まくら元でみんなが口々にしっかりしてくださいと呼びかけると、本当にしっかりして持ちなおしてしまった。親族も解散したのだが、結局、三カ月後にまた危篤になって亡くなった。お父さんは、それをこう話してくれたという。


父親の権威も何もあったものではない。
父親の権威も何もあったものではない。

子どもと接している時間の圧倒的に長い

体験として積み重ねてきた育ち盛りの九年間という「人間は死に際っていうものも大切だね。あとの人のことを考えて、あんばいよく死なないといけないねえ」
そのお父さん自身の死に際は、まさにいいあんばいだったそうだ。
生と死は、人間の永遠のテーマでもある。
単純に結論の出せるものではない。
むしろ各自の結論を探っていくこと、その過程自体が人生なのだ。
き合うという姿勢が大切だということであるそういう問題に真正面から向子どもが自然にそういう姿勢をとるように、父親として環境を整えてやるようにしたい。
子どもに教えることは、父親が学ぶことだ
愛と性に関する問題も、人間の永遠のテーマである。そしてこの問題に関しては、男親としてはなかなか語りにくい分野でもあるだろう。いくらきれいごとを並べてみても.アヌードやアダルトビデオが氾濫している現代では、子どもの耳には空々しく聞こえるだけかもしれない。かといって、卑俗な興味本位だけで語るわけにもいかない。経験をさせることです。はんらんやはりこのテーマに関しても、適当な本を読むことを勧めたり、て、子どもが自分なりに考える環境をつくってやることだろう。
映画を一緒に見たりしたとえば、思春期を迎えた子どもがいきなりお父さん、マスターベーションってなあにと聞いてきたとき、マスターベーションって日本語で言うと、ええと何だっけなどと言って話をそらしていては困るのであるそこでたとえば「うん、マスターベーションか。それはね、ペデギュントという作家の春のめざめという小説の中に出てくる主人公がやっていたことだよ。知りたいと思ったら、図書館で借りておいで」
と答えてやるのだ。
愛や性の行為を、即物的に語ることはできる。

母乳語で受けとられかねない

しかし、それが生物学的にどういう意味を持っているか、また人間の精神や人生においてどういう意味を持っているかを、子どもにわかりやすく的確に語ることは、素人にとってはほとんど至難の業と言っていい。そういう点で、優れた文学などの芸術作品は、そうした行為の意味を昇華し、普遍性を持たせ多くの人間に感銘を与えるように語られている。そういうものを利用しない手はない。
また、いくらそうした環境をつくってやっても、結局、子どもは自分の人生を歩み、あるときは普通の人の道をはずれそうになることだってある。それは子ども自身の人生なのだから、仕方のないことだ。
作家で演出家の中島梓栗本薫さんの父親は、高度経済成長期の典型的な企業戦士だった。会社ではバリバリ仕事をこなし、何日も子どもと顔を合わせなかったかと思うと今度は半年も海外へ出張してしまうなどという毎日である。


両親を喜ば
両親を喜ば

子供が私はどこから来

親分肌で、部下からは慕われていた家庭では、子ぼんのうの優しい父親だった。小学生の梓さんに巨人·阪神戦の券がぁるよと言っておずおず差し出してきたり、日曜日ごとに何か買いたいものがあるか
と言ってきたり。それでも梓さんが思春期のころには、父親がデリカシーのない人間に思えてきて、嫌いになった。ずいぶん長い間、わだかまりがあったそうだ二十代半ばごろ、結婚しようとした相手に妻子があって、すったもんだになったことがある。しかし、相手の男性がお嬢さんをくださいと言いに来たとき、お父さんは責めも怒りもしなかった。ただ「君はそのまえに、はっきりさせなくちゃいけない責任があるはずだな」とだけ言った。彼女はそのとき、お父さんは大きな男だなと感じたのを覚えている結婚後、芦ノ湖に家族で泊まったとき、たまたま湖の見える部屋で、父娘二人きりになった。お父さんは浴衣姿でビールを飲みながら、いい眺めだねなどと、お互いにたわ
いのない話をポツリポツリと話し合う。母さんは工夫して


母さんがすく教えてくれます。 子供時代を振り返った時にけれどお父さん 子供の頃とちがって