Press "Enter" to skip to content

父親に役員としてとどまるように説得する

子どもにも影響します。

父親が心の中でダメだと本気で思ったときに、子どもは本当にダメになってしまう。多くの事例を見ているが、子どもは必ず立ち上がるずっとまっすぐにきた子より、むしろグレた時代の体験を生かし、後にはたくましさと魅力をかね備えて活躍する子もいることを知ってほしい。
絶対に投げ出したりあきらめたりせず、ほっぺたを両手で押さえて子どもを愛し続けてほしい。
たまには子どもの
「おまえにはお父さんがついてるんだ。
何もこわいものなんかないぞ」
と大声で叫んでやろう。子どもにとって安心感のふくらみは、なりの苦しみや困難を乗り越える大きな力になるはずだ。

おまえは、このお父さんの子だからな。絶対自分に負けるな
不可欠なものだ。
子どもと、力強く励まし続けられる父親でありたい。
辛い体験から、人生の厳粛さを語れ幼年時代に、こんな話を父母から聞いた。私の叔母にあたる者が独身のとき、わが家で生活していた。縁談があり、トントン拍子に結納、挙式を待つばかりになる。が、叔母のほうは不本意だった。はっきり言い出せないまま、話が進展した。結婚式をまえにしてどうしても勘弁してくださいと申し出た。
困ったのは、私の父母だ。相手がよい人柄だったようで、再度叔母に勧めて説得を重ねたのだが、ダメだった。こればかりは強制できるものではないと、相手の男性のところへ断りに行った。

大学の間の七年間は親


子どもに呼びかけます。

数日後、この男性が自殺した。遺書には濤川家を子々孫々まで恨み抜くとあったそうだ。私の父母が仲をさいたと誤解したらしい。
父は私によく言った。

善意でやったつもりでも、相手に通じないことがある。
自分の善意が本物かどうかが大事なんだでも、相手がどうこうではないなぜかこの話は、もの悲しくも、人生というものの厳粛さを私に示唆してくれた。
たるい私に、ある種のムチとなって、いまだに心理の深層に生きている。
甘っ生きることは悩むことだ、と言った人がいる。確かにそう言える側面はあるだろう。いくら努力しても、苦悩の山を乗り越えても、次の苦悩の山はちゃんと待っている。仏教の言葉で、この世を堪忍世界と規定しているものがある。

子ども自身に相手の気持ちを考えさせてみましょう。

すなわち、堪え忍ぶことこそが、生きる第一義というわけである徳川家康は人生を規定して、重き荷を負うて遠き道を行くがごとしと言った。戦国デスマッチを生き抜き、最後に勝ち残った家康も、幼少から人質に出された。日常的に臨終を平常心で受け止め続けている環境の中で、この言葉を生み出す素地が形成されて彼の青年期に、一向一揆があった。そのとき、家臣団が真っ二つに割れた。これにはさすがの家康も、心底まいったようだ。


母親にそういう心のカラクリが理解できた結果

子どもとの公園遊び用など

やがて一段落すると、一向宗側についた者、すなわち家康を敵にまわして戦ったかつての部下が一人また一人と彼のドに投降してきた。彼は武士の世の掟を破り、戦国の常識をくつがえして、これら投降者を許し、今後の忠誠と精進を誓わせた。
おきて家康が天下を取った理由としては、多くのことが挙げられるだろう。だが私は、この時代における法を犯した者でも、根底に誠心ある者に対しては、鬼神をも泣かせる寛容な決断力で許した家康の、けたはずれに大きな度量にも一因があったと見る。
一揆の投降者たちが、一つの生命でありながら、信仰の道と武士としての道の両道の選択を迫られる。どちらもはずしたくないと極限思考をする。身を二つに裂いてでも信仰への赤誠と、主君への忠義を貫こうと悶乱する。

父親の例も少なくない。


育てられるのである。

そして自らの依る信仰へと走らねばならなかった苦しみに対し、家康は修羅の怒りではなく、さめた心で許容する姿勢を持ち得てい六もんらんこの他者の悲哀を共有できる姿勢が、戦国一と言われる結束力を誇った三河武士団をつくりあげ得た一大要因になったと、私は推察するのである
しかも、これだけのことを少壮時に行えた彼には、深い深い、他の追随を許さぬ悲しみがあったであろう。それは言語に絶する悲哀だったであろう。しかし、家康はやはり他の武将とは一味違っていた。彼には希有の悲しみをことごとくバネにし得る、強さと豊かさがあった。
悲しみの深い人は、世の中には無数にいる。問題は、それをどうとらえるかということだ。子供の頃とちがって

  • 子どもの心には嬉しさと共
  • 子供なりにどう対処しようとしたろうか。
  • 母子密着の日常が作られず自然

子供の頃とちがって 父親に役員としてとどまるように説得する 父親に役員としてとどまるように説得する