Press "Enter" to skip to content

子供の頃とちがって

学校に出す。

恥ずかしい話であるが、教育管理の間を、私のふりこは厳しく往復しているのであろう一年間見続けて、一つでも多くの、少しでも深く大きい胸の太陽を指して、しみじみと君はと言えるときのうれしさは、他にもう何もいらないという心境につながるこちらが確信を持って言いきれたときの子どもは、生き生きする。まさに、目と目が合えば百万ボルトの火花だ。子どもの自信につながり、新たな力と基盤ができたなと感じられるとき、不思議にも私自身の力まで増幅したように思えるのだつくづくと、他者の幸福への貢献なくして、ということを思う。
自分自身の自我拡大も人格の向上もない世間のランクづけをはね飛ばす気概を持たせよう人間の偉さなどというものは、一生を終えてみなければわからないものである。子どもを見ておくべき高校生になった今

母親もそれに同調。

大切なことは、何かの試練にぶつかるたびに展させていくことではないだろうか。
なにくそ

今に見て3と乗り越えて、人生を発一度や二度の受験の失敗ぐらいで、人生に絶望したり、やる気をなくしたりするようでは情けない。
義務教育は中学までだから、多くの子どもは高校入試ではじめて君はあの高校がいいあなたの実力ではこのあたりの学校が……という場面に遭遇するこのときの子どもに対する励ましが大事だと思う。偏差値で輪切りにしてランクづけされた意識にふりまわされないよう、このランクづけの輪を、子どもの心情をくみ取りながらはずしてやることだ。そのためにはおまえが行く学校を名門校にすればいいと力強く言いきってやるのがいい。
高校のランクぐらいで決まるほど、人生とはちっぽけなものではない。


経験したことはないだろうか。
経験したことはないだろうか。

子どもたちにもお金はあまり与えることなく

母親の意外とそういってね学校が勉強するのでもなければ、学校の名前で勝負するものでもない。確かに日本社会では、学校名がぁる種の神通力を持っている。だが、いつまでも名前が優先するわけはない。実力社会に移行していることは、目に見えているいや、名門校が幅をきかせる社会でさえ、実力社会には違いないのだ。私が一番恐れるのは、限りない未来性に富む若者が、自らの未来を簡単にソロバンではじいたり、ある種の見切りをつけてしまったり、ぬぐいがたい劣等感を持ってしまったりすることである若者なら若者らしく、ランクづけの風潮をはね飛ばすのが当然だ。
そう簡単にランクづ
けなんかされてたまるか
の覇気と気概がなければ、若者ではない。勉強ができなければ少々の出遅れぐらいがなんだ、早い時期からランクづけしようとの風潮があるなら、出遅れた者のすごみを発揮して、その風潮を粉砕するのが若者だどうしても名門校
への執着が断てないなら、自らが通う学校を、鬼神も泣く努力と情熱で名門校にすればいい。
この姿勢の持てぬ者に、どうして人生の大勝利が望めよう五味川純平氏は戦争と人間
信じるなよ、男でも女でも、思想でも本当によくわかるまで。
は、恥じゃない、後悔しないためのたった一つの方法だわかりが遅いってことと言う。出遅れようと、つまずこうとかまわない。

子供はかえって

時間がかかろうと何だろうと、本物の人間を創りあげていくことこそ枢要なことなのだ将来が不安でしょうがないという若者がよくいる。いったい、将来に不安のない人間がこの世にいるだろうか。自分だけが不安を抱き、苦しみを背負っているなどと思うのはとんでもない錯覚だ。
まじめに生きることを考えれば、不安感が襲うのは当然である。
架を背負いつつ、道なき道を切り拓いていくのが人生とも言える。
その不安と戦い、十字ひらだから、置かれた状況を受け入れ、人生や社会を見つめなおす中で、もっともっと悩み苦しみ、考え抜いてがんばり抜くことだ。


子どもたちが育っていく過程で常
子どもたちが育っていく過程で常

母さんの味つけよし。

確固不抜の自分をつくりあげよう。すべてはで決まる。特にこれからはだ。
ハクという言葉がある。ハクがつくと言うときの、あのハクだ。そんなものを若者が求めるようになったら、日本はどうなるか。小成に甘んじない、大成志向の若者を育ててゆかねばならない。わが子にその種の弱点を発見したなら、毒虫を見つけたくらいの気持ちで叩きつぶしてやるべきである。
自信のない父親ほど、子どもを管理したがる子どもの生命力が弱まっている。子どもは大生命力にあふれたものであってほしい、と願わない者はいないだろう。
おもだか医学者の沢瀉久敬氏は言う。母はガマン出来なく


子どもを見ておくべき 子どもを見ておくべき 子どもはついていけません。