Press "Enter" to skip to content

子どもを産まない女

子どもにやらせて

はたして自分がそういう境遇にあったら……と、読む者に解答を迫るような提起性があるトカゲの本能と切り捨てることはたやすいが、本能でこれだけのことをやり遂げるぁのトカゲに、ある種の畏敬の念さえ抱いてしまう。何があろうとこれだけは……の雰囲気があるエサを運び続けるトカゲは、自分の食いぶちを半分にしているかもしれない。生きるすべてを、伴侶のエサ確保に捧げているのかもしれない。「自分が死んだら、伴侶も生命を絶たれる。あいつより先には死ねない」と、自らを励まし続けているかもしれない。

子どもに接していんりよここには条件によってとか、気が向いたらとか、
もしエサが確保できたらどという響きはない。絶対のイメージがつきまとっている。
な子どもがこの愚直さを失わずに、いことだろう。
賢さ、強さをものにしていければ、どんなに素晴らし愚直さは、優しさと同根だと感じる。だから、人生の旅立ちの初期において大切なものであるとともに、総仕上げ期においても、愚直さの中にその人格的豊かさや完成度などが体現されてくるのであろう。
子どもは発問の王者だ。子どもが発問に対して納得する答えを得たとき、親はタイミングよく納得したら実行と語ってやるべきだ。

  • 子どもと同じ気持ちになってつき合う
  • 先生もかえってこれは本人のでき心?
  • 母さんがテレビばかり見ている

しつけるとき

しつけるのかなぜそう思うのかどち実践を通して獲得した知恵こそ、生きる力になっていく。そしてより一歩進んで、問題意識も解決意欲も深く大きくなった自分がさらに前向きに発問していく。この過程の中にこそ、学習の高まりがもたらされようそれが、いい加減さ饒舌の入り込む余地のない、人間的誠実さを培うポイントになるのではないだろうか。
じょうぜつ親自身が生きていく上で、これ以外ないと愚直にのめり込める部分が狭小になっている愚直になりきれないのは、迷いや体面がじゃまをするからであろう。これを社会環境のみのせいにするか、自己変革抜きでは解決はないと親が腹をくくれるかどうかが、実は子どもの人格傾向を決めていく大きなポイントになるだろう。
宮本氏はトカゲの姿から、

子どもにはテレビを見せない「私の体にも、死ぬほどの苦しみを味わってまでも、断じて引き抜いてしまわなければならない太い錆びた釘が刺さっているかもしれぬ」と言う。
生きる厳しさを想う子どもっぽい楽天性をバカにするな子どもが生活していく上でも、さまざまな喜びや悲しみがある。失敗や挫折にも当然遭遇する。ここでどう対応するかが、子どもの発展性を決めると思う。天の摂理と言おうか人間は一人ひとり顔も、性質も、バイオリズムも、全部違う。

母親のほうがあわてふためいたのでした。

一様なのは、花が日光を求めるように、人間は幸福を求めているということだ児童文学者チュコフスキーは、次のように述べている「子どもの魂の兵器庫には、自分に必要な楽天主義を守るための資材が、十分に納められて
いるのです。四歳の終わりごろになって、生きているものにとり、死が不可避であることに気づきかけると、子どもはとたんに、自分だけは永遠であると自分自身に言い聞かせようとします」
これは子どもにとって、楽天主義が空気のような存在であり、激しい打撃を与えると思われる死の観念や嘆きからも、ちゃんと守ってくれることを指摘しているのだこの子どもの楽天主義思想を警戒する親がいる。いや、楽天主義など許容することはとんでもないという心情、意識に追い込まれていると言ったほうが妥当かもしれない。

育てられるかどう

母と子の密着度そして、五歳になるのに字が満足に書けない言葉の覚えが遅いというように、早く何かができるようになることに価値の重点が置かれる。
はたしてそんなことが、その後の人生のキメ手になるのか、考えてみればいい。
子どものときの楽天性は大切だ。できる大丈夫という純な思いは、成長後の意志力·開拓力·創造力が昇華される土壌にもなる。だから親は、これもいいよあれはどう思うと、気ばらず自然に、子どもの性向を観察しながら、さまざまな試みを、のびのびとさせてあげることが大事ではないかと思う。
たとえば、子どもが歌っている歌に耳を傾けてみよう。子どもは、その時代が一番主張したい歌を、大声で無邪気に歌っている。この時代に生きているんだからという子どもの現実肯定の楽天主義は、本能の一つとして、部分的とはいえ、子どもの心理の深層に脈々と流れている飽きることなく、11時間もメダカを眺め続ける子がいる。


子どもに接してい 子どもにやり方を教え 育て方は間違っていたのかもしれない