Press "Enter" to skip to content

子どもよりはえらいんだという傲慢な心

学校では大変な問題児で陰湿

その職の腕をとことん磨けば、たとえば料理の鉄人として一躍脚光を浴びることも可能な時代なのである子どもの進路や、将来子どもがどんな仕事に就くかについては、基本的には親が強制すべきものではない。しかし、人生経験の少ない子どもが、どう判断したらいいかわからないときに、いろいろなアドバイスやサゼスチョンをしてやることはできる。そういう場合
に、アドバイスの仕方は二通りある。一つは、子ども自身の立場に立ってどう考えるか。
もう一つは、時代を読んでどう考えるかということだ。
子どもの側に立って考えれば、
何か一つ、これだったら他人に負けないという特技を持というアドバイスの仕方があるだろう。たとえば、テレビゲームに熱中する様子がハンパなものでなく、その能力も相当なものであれば、いずれゲームソフトのスペシャリストとして成功するかもしれないのである。たかがテレビゲームと思うなかれ、任天堂の年商額がいったいいくらかご存じだろうか。
時代というものを読んで、これからのことを考えれば、たとえば



しつけられていない
「おまえな、悪いことは言わんから、できたらパソコンと英語だけはマスターしておいたほうがいいぞ」というアドバイスだ。
情報化社会という言葉が聞かれるようになって久しいが、今日本は間違いなくそのステップを着実に登り続けている。携帯電話やケーブルテレビの急速な普及、インターネットに代表されるパソコン通信の広がりを見ればそれがわかる。マルチメディア時代はさらに広がっていくことは間違いない。これからの日本の経済自体も、情報関連産業に大きく依存していくだろうことは想像にかたくないからであるそして企業の国際化世界の共通言語として、英語が用いられているのは、もはや避けがたい事実だ。

  • 子どももばかではありません。
  • 育児の要になることの主導権を握るのは祖父
  • 父親の存在が希薄だったことがある。

育てるための治療

母親である私自身は決してそれには及ばない受験のための英語ではなく、外国人と正しくコミュニケーションがとれるための実用英語を身につけること、これは本当に大切になってくるだろう。
このように、子どもの進路に関してアドバイスすることは、父親の役割と言ってよいだろう。
仕事のカッコ悪さが示す現実子どもが父親の仕事について聞きたがるときがチャンス作家の日記で、ドストエフスキーは言う。
「何びとも、幼年時代の神聖で貴重な思い出なしには生きることができないのである。あるものは外見ではこれを考えていないようでも、やはり、これらの思い出は無意識のうちに保存されている。それらの思い出は苦しい痛々しいものでさえあり得る。だが過去の苦悩は、のちには魂にとって尊いものに変わり得るのではないか。人間は一般に自分の過去の苦悩を好むように創造されたものである。
アディダスのオリジナルパーカーについて

母さん方が他人の目ばかり気にしている人間はその上に、自身のその後の方向をさらに見定めるために、自分の過去の経験に注意をはらうかたむきがある。その際もっとも強く深い思い出こそ、ほとんどつねに幼年時代に残された思い出なのである」
幼年時代の記憶といっても、断片的であることが多い。なぜか鮮明に記憶していることもあるが、ほとんどは忘れ去ってしまっている。だが深層心理に刻まれ、成長してからの人格形成の骨格の部分をつくっているものが実は多い。

子どものよさを見る目が育つ

いわゆる無意識下のことであるこれが、人間の認識や判断、そして意志決定などで果たす役割がきわめて大きい。
だからこの時期のふれあいは大切だ。子どもの目は、得心がいくまで何かを見つめることができる。特に、子どもが父親の職業や仕事について聞きたがったときはチャンスである。面倒がらずに、じっくり答えてやってほしい。
子どもの質問というのは、ともすると、親にとって迷惑なことに感じられやすい。どうして?なぜ?と問い詰められる。なぜでもいいよとか、そんなことどうだっていいじゃないか。大きくなったらわかるよなどと対応してしまうと、せっかくの子どもの見つめる土台が育たない。
先生が生徒に与えるのではなくて

大学に入るというのはどんなものか。

勉強していない親によって受ける面倒くさいかもしれない。忙しいかもしれない。でも、早く片づけようとするやり方はまずい。なぜだろうねどうしてかなと、子どもと一緒に考えてやることが肝心だ。
あいまいにしない、いい加減にしない親の態度から、子どもは真実を見つめることの大切さを学んでいく。親が結論ばかり急いでいくと、子どもは早わかりばかりに気がいってしまう。こうなると、じっくりと物事を追究したり、創造したりする生活態度が育だな.日本の社会では、インスタント的なものが盛んだ。