Press "Enter" to skip to content

子どもの頃に大好きだった絵本はもちろんです

教育をしてるからいいと思うのです。

なぜなら、今の日本は物が満ちあふれ、お金で解決できることが多すぎる。そして一部の特殊な例を除けば、不自由ということがない。これから先、いったい何を夢としたらいいか、それがわからなくなっているのだろう。
それはすべて、物質的なものを夢の対象としているからだ。そうではなく、もっと精神的な満足が得られる物事を対象とするべきだろう。どんな仕事を選ぶかについても、その仕事がどれだけ金になるかということだけではなく、どういうおもしろさがあるか、人のためにどれだけ役立つか、またそういうことが人生にとって、どんなにかけがえのない素晴らしいことであるか、そういう夢を語るべきなのだ。
自分の失敗談を語れ開運!なんでも鑑定団というテレビ番組が、人気を集めて長く続いている。視聴者が家にあった骨董品を持参し、専門の鑑定家に値をつけてもらうというものだが、実は私の父親も、文部省当時から委嘱されて重要文化財の調査をやっていたことがある。



育て方は間違っていたのかもしれない
つまり国宝調査委員であるあるとき、父と他四人の国宝調査委員で、室町時代の水墨画家、雪舟の作品の鑑定をすることになった。雪舟はご存じのとおり、中国へ渡って水墨画を学んで帰り、すぐれた作品を残しているが、彼の真筆とされるものの数はごく少ない。
ところが、世の中に雪舟筆とされているものは相当の数あるという。要するに、贋物がほとんどなのだ。ただし贋物といっても、故意に作ったものもあれば、同時代の画家の作で、雪舟に近いほどの力量のある人が描いたものがまぎれ込んでいる場合もある。そういうものは実際四百年もたっていて、古色もつき紙の傷みも本物とそう変わらないし、まして絵の技量も雪舟に迫ろうかというほどだから、ちょっと絵がわかるくらいの人間では
とうてい見極めることは不可能だ。

  • 教育を実施します
  • 子どもにも習慣づけましょう。
  • 子どもに育ってほしいと願っている一方

成長プロセスで出会うさまざ

子どもにも役割を持ってもらうそこで雪舟の鑑定をどうしたかというと、五人の調査委員がそれぞれ別の部屋に閉じ,もり、独自に鑑定した結果を最後に照らし合わせてみたのである。すると、調査委員全員の答えがすべて一致していた。数点の作品の中で雪舟の真筆はこれだと、五人が同じものを言い当てていたのである私はびっくりして、父に
なんで当たるのとたずねたものだ。私などが見ても、当然のことながらみんな同じものに見える。全く違いはわからない。すると父は贋物をつかんで失敗したことがあるからだよと教えてくれた戦前だが、父は実業家として死にものぐるいで働き、資産をなした。そしてあり余るその資産で、自分が好きだった美術品を買いあさった。ところがずいぶん贋物をつかまされ今の価格にすれば膨大な金額の損を重ねてきたのである。
adidasジャージ

母さんはまるで無視して週刊誌から目を離しません。そんなときには悔しいやら、悲しいやら、また辛いやらで、三日三晩寝られなかったという。あげくのはてに小便に血が混じるようになってしまった。
しかしそうやってはじめて、眼力というものがついてきたという。本物を見極める眼である。だから、世界の有名な美術館巡りをして名品を眺めるだけでは、表面的な鑑賞眼は養えても、本当の眼力というものは身につかない。本当の眼力は、真剣勝負をして、贋物をつかまされて、それこそ血の小便を出すほど苦しんで、そしてやっと会得するのだといぅのである。

成長を認めてあげましょう

あとの四人はどうなのと聞くと、やはりみんな贋物をつかんで失敗した経験があるというこういう話を聞くと、失敗は成功のもとという月並な文句も、にわかに重みが感じられてくる。失敗はしないに越したことはないが、失敗しなければ本当にわからないことがあるというのも、また事実である。負けて覚える相撲かなのとおり、失敗や挫折を繰り返し、それを乗り越えて強くなっていった力士を、私たちはずいぶん見ている。曙も、貴乃花もそうだざせつだから世の中の父親は、ぜひ子どもたちに、積極的に自分の失敗を語ってほしい。そこから子どもは、おそらく、失敗や挫折のない人生なんてないのだということ、失敗を恐れないこと、失敗したときこそ大切なことを覚えるチャンスなのだということを、自然に学ぶだろう。
こんなアドバイスが役に立つ日本がまだ今のように裕福でなかった時代には、世の親たちは子どもを育てるときにあるアイデアを持っていた。
子どもの心に届いてい

母さんと知り合う前

学校を休んでしまっているのだという次は談例です。それは何か一つ、手に職をつけさせてやるということである。お金もなく、高等教育を受けさせてやれない状況では、ごく平凡な能力しかない自分の子が生きていくためには、一つの確実な職を身につけること、それが大切なことだと子どもの進路に関して、いう知恵があった経済的に豊かになった現代では、だいぶ状況も変わってきている。ほとんどの人間が高等教育を受けられるようになったし、平凡な能力の子でも、それなりに仕事を見つけて生きていくことはできる。しかし、手に職をつけておくという知恵は、今でも依然として通用するものだ。