Press "Enter" to skip to content

子どもがどういうものを欲

子育てには必要です

合格発表帰りにタクシーを拾う光景で、なんとほとんどは、本人でなく親が手を挙げたそうだ。何でも親任せの姿を知って、たくましい若者像が音をたてて視界から消えていくような気がした。目の色を変えて勉強に打ち込む大学生は少なく、逆に小学生が宿題に追われる現実に暗澹とするあん子どもの話題で一番多いのが、流行のことだ。テレビの人気番組の話題についていけない子が寂しい思いをするケースも多い。大人の社会のほどほどに、人並みにの風潮が子どもの世界にも浸透してきている。



子どもよりはえらいんだという傲慢な心
日本人の画一志向、平均志向、保守志向の強さは牢固としたものがある。しかし、それが子どもの世界にまで野放図に蔓延してきているのを見ると、やりきれない気持ちになる。
まんえんそして大人も子どもも、そろって運動不足だ。頭が重い、だるい、肩がこる、といっ言葉がしばしば口から出る。みんながコマーシャリズムに振り回され、自分自身を見失っている。不安でたまらないから人並み志向に向かい、中流意識を持ちたがり、みんなのにいることで安心し、はずれることを恐れる。ゆえに発想は受け身になり、自らの中へ掘り進んでたくましく社会と関わるパターンは埋没する。不安から出た、弱々しい他者志向である。それでいて競争原理だけは貫かれている。
六だから、人を信じきれない。ほどほどに信じ、ほどほどに疑う。ライバルと思うから友だちにも気を許さない。けれども、友人でもあってほしい。

  • 勉強部屋を上手に利用するかどう
  • 子どものけがを見るとすぐに相手の家に電話をかけ
  • 母親が睡眠不足に陥るため添い寝は良くない

学校の教科書なん

経験していすべてがあいまいな中で最低の歯止めである
仕方がないものを一定の依拠点として、少々の安心感を持つんなパターンが、大人の世界にも、子どもの世界にも色濃くあるようだ。
ホンネは出にくく、タテマエが横行する。子どもの世界にも、タテマエを使いたがる子が増える。これは一度使いだすと、これなしに生活できなくなる。大人だか子どもだかわからない子が、そこいらじゅうに出現という状況になる。
どうすればよいか。それには、子どもに対して、ホンネを増やしていくことではないだろうか。自分自身の言葉やふるまいで、子どもに迫るべきである。体験でも失敗談でもいい。愛や性の話題を明るく、からっと話すのもよかろう。自分の生地で表現することだと思う。オレを乗り越えてくれ、オレ以上の人間になってくれの祈りがあればいいのだこのホンネの発射が、子どもにどう出るのか。
子どもの心に届いてい

母親として耐えられない。ホンネでぶつかっても、子どもの本当の
人格と人生をつくりあげる隠された部分は変わらないかもしれない。それでもいい。
子どもの心の一端が少し見えるだけでもいいと思う。見えれば大丈夫、と腹をくくることこの立場に立つには、二つの決意をすることである。一つは、年老いて子どもの世話になることも現実的にはあろうが、自分たち夫婦で生き抜いていくと腹を決めること。そしてもう一つは、子どもが生きる力をつけるために、自分一人で何ができるのかを子どもに自覚させることだ。
親が世間並みばかりに目がいき、早くきちんとしっかりしか発言しなかったら、子どもはめしうるせえとしか言わなくなる。

父親不在がある

不本意にせよ、現代の文化をつくってきたのは、親のほうだ。その文化の中で育ってきた子どもを変えたいと思うならば、まず親が自分のカラを叩き破らねばなるまい。
子どもの生活に、澄んだ青空のような笑顔があふれるまで、父親は自らのホンネの部分を磨き、高めるべきなのだ。子どもに資産を残す時代は終わっている。
希望があれば生きていけることを、自信を持って語れ「人生のことも大概わかってしまったから、生きている興味もなくなった。
いで死にたい」
自分は五十くら菊池寛がそう書いた手紙を読んだことがある。
子どもの頃に大好きだった絵本はもちろんです

母さんが美術や音楽に関して

子どもを布団の中に入れて寝物語をしていました。味で言い当てている正直な告白であり、人生の真実をある意生きる意義を、結果に重点を置く考えと、原因を創り出していくことに置く考えがある。
結果ももちろん大切であり、中身によっては結果次第でどうにでもというものもあろう。だが、人が生きていく上において、よい原因を積んでいく大切さをも思う。
勝ったときにこそ、負ける原因をつくりやすいとよく言われる。逆に、負けたときに勝つ原因をつくることの大事さを、よく人は訴える。受験に勝って、人生に負けていってしまう子もいる。一つの勝利に酔いしれていることなど許されないのが、人生というものの厳しさなのであろう自らの生き方に対し、不断にこれでいいのか
他にもっといいものはと問題意識を持たねばならない。まだ、まだと、自らを拒絶する勇気のある人間を育てねばならない。
安易な満足や絶望に終わらない強い子を育てたいものである。