カナダワインといえばアイスワインが有名

カナダ番の商業都市

教会の裏庭から始まるワインの歴史祭儀のためにワインが必須である教会は、必ず建立した地で葡萄を栽培する。この教会ルートから、カナダのワインを見つめようとすると、モントリオールのノートルダム教会に出会う。創始者は、マルグリット?ブルジョーMargueriteBourgeoysという女性だ。1653年ことである。彼女は、同地でシードルを作ったことで有名だが、葡萄の木についても栽培した可能性は極めて高い。1600年代、1700年代の資料を漁ると、幾つかのコロニーで自生葡萄を使ったワインの醸造が行われていたという記録が散見する。

カナダに着いて新しい葡萄果汁は手を加えなくても発酵を始めてしまうものなので、小規模なワインの醸造が各地で行われていたことは間違いない。しかし商業化出来るほどのクオリティも量も生産できなかった。それでもワインは自産自消用に作られ続けた。なぜだろうか?なぜそれほどまでにワインに拘ったのか?理由は二つだ。ひとつは、ギリシャの時代から続く理由だ。

やっぱりタイのお土産と言えばこちらです!

 

バンクーバーではほぼどこでもデビットカードが使えるため重宝した°Visaデビットであることも重要

観光客にはうれしい1日パスも販売していて、バスもスカイトレインもシーバスも、すべて、。75ドリでーH乗り放?となります。行く前にインターネットで乗り方等を調べ行くととても便利ですよ。名刺大のトランスリンクスの切符です。公衆電話機のような自動販売機で、クレジットカードでも購入出来ます。スカイトレインの路線図は、ここからダウンロードできます。市内の図書館。私は準備して行かなかったのですが、モバイルのインターネット接続環境(スマートフォン、タブレット)を用意していけばGoogleMapsで日本語で経路検索ができます。

カナダでももっとも西に位置する州である 正式には準州という扱いらしい経路検索すると、乗るべきバスの番号まで表示されるので、飛躍的に便利になります。(日本国内でも試すことができますよ)英語ができなくても、端末上の検索結果をバスの運転手に示して、、ヒアウイゴウ、とでもいえば、ついた時に教えてくれるはずです。(ちゃんとした英語が話せる方はもちろんキチンとセンテンスで話してくださいね。バス経路を検索するとこんな感じです。わかりにくいかもしれませんが、左のルート一覧に乗るべきバスの番号が出ています。1日パスが。バンクーバーホテルからスタンレー?パークまでの、案内所でもらえるそうです。

 

バンクーバーなどの都市部中心を除いて基本的には移動手段の中心は車です

この懐柔策は、表面的に功を奏した。カナダは政治的に安定した。しかし翌年、北アメリカ東海岸の13植民地から、独立の火花が上がる。先頭を切っていたのはジョージ?ワシントンである。彼は43才になっていた。この時、彼はケベックのフランス人にも独立戦争への参加を呼びかけている。しかしケベックの人々は呼応しなかった。フランスは、独立軍を支援していたにも関わらずだ。考えてみれば当たり前である。この間まで殺し合いをしていたのは、英国本土から来た連中ではなく、彼ら13植民地からやってきた連中なのだ。

カナダに来た日本人ほとんどが経験するようですそんな輩の誘いに乗るわけがない。1783年に独立戦争が終結すると、13植民地内の王党派が大挙してカナダへ移住した。その数は40000人以上と云われている。その数に恐れをなした英国議会は、急きょアッパー?カナダ(現在のオンタリオ州)とロウアー?カナダ(現在のケベック州)に分離する措置を図り、王党派のカナダ内の拡散を防いだ。この時期から、カナダは欧州からの移民を積極的に受け入れる政策に力を入れる。そして西へ西へと、その領地を増やしていった。