このスタイルが似合うようになれば一応

カナダ人たちに囲まれて

フランス語系の私立では、、フランス系、の私立の学校もいくつかあります。ここは、秋休みもあり、古いフランスの詩とかも覚えさせられます。鉛筆でなくペンを使ったりするようです。ここでは、フランスのフランス語を教えてくれますので、こういった所の卒業生は、強いケベックのアクセントはなく、むしろフランスのアクセント。こういった所では少なくとも片親がフランス人だと、学費のディスカウントがあります。そして、こういった家庭の親が無職になって学費を払えなくなると、学費が無料になると聞きました。

フランス人以外の家庭にはこういったベネフィットはありませんので非常に不平等な仕組みです。子供を持つと、こんなこともハイ、学校は173日程度でも、いろいろと知っておくべき事がいろいろありますね。誕生会子供がいると、お友達の誕生パーティーに呼ばれます。呼ばれたら、こちらもこちらの誕生日の時に呼び返します。それが一応、マナーのようです。こちらの誕生会には誰も呼ばない。中には、自分の子供の誕生日も祝わなでも、モントリオールにいる日本人の知人、友人は、呼び返さない人が何人かいます。

カナダ人に訊いてみたところ


食べて補うこともある

費用も比較的安い。教師と生徒の距離が近く、休み時間のロビーはクラスに関係なく教師友達同士の立ち話で混み合っている。クラスの人数は時期によりばらつくが、だいたい10人前後。日本人はひとクラス1人から2人。国別では南米中米のブラジル、メキシコ、コロンビアが多く、アジア系は日本や韓国が多い。さらに、中東のサウジアラビアなどからの学生も多い。また、少数だが、ドイツ、クロアチア、さらにはトルコ、タイ、中にはシリアのアレッポから家族4人全員で移民し、英語を勉強しているという45歳の男性もいた。

ベルⅡをあとにした私たちは

年齢層は、17歳から30歳台くらいが中心で、中には少数だがおじさん、おばさんもいる。初日にテストを受け、英語力に合わせてクラス分けされる。クラスが自分に合わない場合は変更の希望も聞いてくれる。教師は、それぞれ個性的だ。私の担任教師は2人「午前のクラス」、Mr。スティーブ「前期」とMrs。クロエ「後期」で、どちらもエネルギッシュな人たちだった。


ダウンタウンを見るだけでも楽しいし

英語学習をしましょう

どうも、若者がギャングに入る為の儀式「つまり公共の場で何か悪さをする」だったようです。ニュースといえば、ニュースに出ない事なんてたくさんあるようで、ある弁護士も言っていました「普通、言わないんですが」。こちらの弁護士は、一つの分野だけを専門とする人はほとんどいません。たいていが、ファミリーとクリミナル「刑法関連」、ファミリーと移民関連、ファミリーと商業関係など、いくつか掛け持ちでやっている弁護士が多いのです。知り合ったある弁護士もそうで、彼はクリミナルとファミリーを掛け持ち、ある時こんな話をしてくれました。

誰も誤りません


または移民とケベック人の親カップルが離婚する場合

ある看護婦の妻が、夫を殺そうと食べ物に毒を少しずつ入れた。しかし、なかなか彼は死ななかった。なので、彼女、夫の首をナイフで切りつけたそうです。夫は運よく助かったそうですが、この事件、ニュースに出なかったみたいです。あと、ポリスの職権乱用とか。例えば、女の子に、自分と寝ないと、刑務所に入れるぞ!、という脅し。この弁護士曰く、若い時は、正義感に燃えて、お金を取らず、無料でケースを持ってあげていた。

  • 学生ビザはあなたが学校に通学している間
  • カナダでは多いとのことです留学経験より職務経験の
  • それは恐ろしいまでの物価高に関してだった